過去と未来を見ているから今がしんどい問題

過去と未来を見ているから今がしんどい問題

 

今、目の前のことを楽しんでいますか?

 

笑っていますか?

 

過去の失敗や後悔、未来の心配や不安に心を 奪われて いませんか?

 

 

今、この瞬間に目を向けていないと、生きているとはいえないのではないでしょうか?

 

過去や未来のことばかり考えているのは損です。

 

損で済めばいいのですが、害になっている可能性もあります。

 

たった今、この瞬間、なにを見て、なにを考えているか、自覚していますか?

 

今回は、「今」を見ることで、心が軽くなる話です。

 

過去は過ぎたものと思って断捨離しよう!

過去にとらわれていると、良い気分になれますか?

 

わたしの場合は、イライラしたり、落ちこんだり、泣きたくなったり……など、ネガティブな気分にしかならなかったですね。

 

なぜなら、良くないことばかり繰り返し思い出していたからです。

 

現実のなにかが記憶を呼び起こし、関連した過去の出来事が、映画のように鮮明によみがえる──。

 

そんな経験はありませんか?

 

同じことを繰り返すまい!という気持ちもありますが、それにしてもそんなに繰り返し思い出して、わざわざイヤな気分になるのはいかがなものでしょう。

 

わたしがこういう悪いクセに気付いたとき、自分はどんだけマゾなんだ!?なんて思いました(笑)

 

そうして、なぜわざわざ自分から気分を悪くしてるんだ?ってね。

 

こういう例もありますね⇒ こうあるべきと期待したり思い込むことで、ストレスの元になる!?

 

過去というのは、二度と体験することはかないません。

 

もちろん、時間を巻き戻すことも。

 

良い想い出なら、まだ思い出しても良い気分になれるので生産的といえますが、悪い思い出は百害あって一利なし!です。

 

悪いことを思い出しているな、と気づいたら、すぐにやめましょう!

 

わたしのようにクセがついていると思うので、繰り返し意識してやめていきましょう。

 

眉間にしわが寄っていないか、チェック!です。

 

この世の出来事は、光と闇のように二面性があります。

 

どちらが欠けても都合が悪いのです。

 

過去のイヤな出来事も、違う視点からみたら、良い部分もあるかもしれません。

 

「こう捉えたほうが 気分が良いな 」という視点を意識してみてください。

 

また、どうしても許せないことがある!というものは、まず「許す」ことをしましょう。

 

まず、そのことを許せない自分を許します。

 

繰り返し思い出すたびに、「 許す 」と宣言して、許せない原因を作った人を許し、相手の幸せを祈ります。

 

なんだか宗教みたい、ですか?

 

わたしは特に信心深いほうではありませんし、特定の宗教に入信してはいませんが、そうすることでラクになれるのは体験済みです。

 

ドロドロとした粘りつくような不快な過去から解放されて、スキッ!と身軽になれました。

 

「許す」ことで客観的に、その過去の出来事を見ることができて、囚われることがなくなったのです。

 

もし、「許す」ってどうやればいいの?やり方がわからない!という場合は、ロンダ・バーン氏の『ザ・マジック』が良いお手本になるでしょう。

 

わたしはこれを実践して、実際に効果がありました。

 

 

全部のワークをやるのは大変だと思いますので、当てはまるところだけやってみると良いかと思います。

 

変わるのが実感できて面白いですよ。

 

未来のことを考えていても仕方ないと割り切る!

まだ起こってもいないことをあれこれ考えて、不安や心配を抱えていませんか?

 

これから先々のことは、考えても仕方のないことです。

 

だって、どう 転ぶ か、どうなっていくか、誰にも予測ができないからです。

 

取り越し苦労はやめたほうが、精神的に安らげます。

 

心配だから、不安だから、と考えるほうが疲れませんか?

 

将来のことばかり考えて、今のことがおろそかになっていませんか?

 

今、いろいろ考えても、実際のそのときになってみると、考えていたとおりにはならなかった──。

 

そんな経験ばかりではありませんか?

 

わたし自身は、過去のことではいろいろ思い悩んでいたことはありましたが、未来のことはあまり 考えない 性質です。

 

頓着しないというか、ネガティブな未来を考えてもネガティブにしかならないと思うからです。

 

人は、自分が意識している方に行動します。

 

ネガティブなことを考えていると、その行きたくない方向に舵を切ってしまうのです。

 

そんなアホな〜と思いますが、実際にそうなる可能性は高いのです。

 

なぜなら、ネガティブなものに意識をもっていくと、そういうものの情報を無意識に集めて、自分のまわりに置いてしまうのですね。

 

ポジティブな考えが頭を占めていればその方が断然良いのですが、なかなかそうはいかないと思います(わたし!です)

 

だから、考えない方がいいのです。

 

なにか不都合なことがあったら、そのとき、その時点で考えればよし!

 

そう決めておくと、不安や心配の思い荷物を下ろせて、すっきり軽やかになることでしょう。

 

これも過去の出来事と同じで、考えてるな〜と自覚したら、すぐに思考を切り替えましょう!

 

今がしんどくならない方法 まとめ

結局、過去と未来のことに囚われているのは、 をないがしろにしているせい、なんですね。

 

今、この瞬間を真剣に生きる。

 

そうしていれば、過去や未来を考えている時間はもったいないと思えます。

 

今やらなきゃいけないことがいっぱいあるのに、なぜここに存在していない時間のことを考えないといけないの?

 

わたしは、なんかしんどいな〜と思ったら、そう考えて一旦リセットします。

 

思考を切り替えるために、なにか没頭できるものに取り組んでも良いでしょう。

 

こんな風に⇒ ネガティブ思考を熱中、没頭、無心でやめる方法

 

まずは、気づくことが大切です。

 

自覚しないと、軌道修正ができませんからね。

 

そして、思考を、今この瞬間に戻すこと、です。

 

人生はあっという間に過ぎていきますから、その考えている時間、もったいないですよ?

 

もっともっと楽しいこと、生産的なことに注力しましょう!

 

 

 

page top