マルチタスクよりシングルタスクはどちらが効率が良い?


マルチタスクシングルタスク、どちらが効率的で、お得なのか考えたことがありますか?

 

わたしは、最近になって、どっちだろう?と考えるようになりました。

 

楽天市場

 

この本を読んだせいでもありますが、普段やっていることが、実は非効率だったと思うと、地味にショックを受けました。

 

でも、確かに考えていると、集中力が分散されて、せっかく作業しても先に進んだ気がしない?

 

人はもともと、一点に集中したほうがその能力を発揮できるという事実を、体験を交えて考えてみたいと思います。

 

マルチタスクは存在しない?

このデボラ氏の著書を読んでみて、一番驚いたのが、「マルチタスクはない」ということでした。

 

 

え? どういうこと?


 

不思議に思いました。

 

よくマルチタスクって、一般的にもてはやされていたイメージがあったからです。

 

できる人=複数のことを同時にやってのけるスーパーマン!

 

マルチタスクの申し子!

 

みたいな、そんなイメージがありますよね?

 

でも、デボラ氏によると、それはマルチタスクではなく、タスクスイッチングというものだそうです。

 

ええ〜!びっくり!

 

2つのことを同時にやっていたら、それは同時にやっているわけではなく、2つのスイッチを交互に押すように、2つの作業を行き来している状態だなんて!

 

そうなんだ〜!

 

へ〜、と感心しました。

 

どこぞで、「人の脳は、一度にひとつのことしか考えられない」というのを見ましたが、そう考えると、タスクスイッチングという考え方が妙にしっくりきました。

 

無意識に2つのことをしていても、どちらかがメインになっていて、他方は考えなくてもできたり、体が勝手に動いてこなしていたりします。

 

普段のわたしでは、電話をしながら掃除をしたり、考え事をしながら運転したり、料理をしながら音楽を聴いたりなど、いずれも前者がメインの作業で、後者は頭を使わないでもこなせるものばかりです。

 

運転はいつのまにかけっこう先に進んでいたりして驚いたりもしますが、危険なのでできるだけ考え事や空想はしないほうがいいとは思っています。

 

その状態が通常みたいで、いつの間にかやっちゃうんですけどね。

 

後者もまったく考えないでしているわけではく、メインの作業の集中力を中断してやっているので、再びメインの作業に戻ったときに「なにやっていたっけ?」と考えたり、停止した思考を再び再起動するのに力が要ります。

 

そういう細々したものが積み重なって、効率が悪くなるというわけですね。

 

自分では自覚していないので、ちょっと厄介かな、と思います。

 

マルチタスクとシングルタスクの男女差について。

タスクをこなすのに男女差があるのか?

 

これは、ある、と思います。

 

男性はシングルタスク、女性はマルチタスクが得意と言われますが、確かにその傾向があるのではないでしょうか。

 

もちろん個人差もありますが、あくまで傾向として、わたしは女性なので、マルチタスクが便利だな〜と基本的に思っています。

 

男性は遥か昔、狩猟民族だった頃に獲物を狩るために集中力を強化しました。

 

身体能力が高くて体力がある男性は、積極的に外に出て、獲物を獲って村に帰ります。

 

気が散っていては、逃げる獲物を捕らえることは難しいでしょう。

 

なので、一点集中=シングルタスクの能力が鍛えられたのですね。

 

一方、女性は村に残り、子育てをして、男性が持ち帰った獲物を料理する役目があり、仲間との情報交換が大切になります。

 

複数のことをこなしながら、コミュニケーションで情報を集めるためには、マルチタスクのほうがしっくりいきます。

 

わたしも、TVを流しながら、ネットサーフィンとソシャゲをしつつ、時々爪切りをしたり、デスクまわりをクイックルワイパーで拭いたりしています。

 

どれも頭を使わないものだと、詰め込んだほうが一気にこなせる!と思っちゃうんですよね。

 

ちょいちょいツマミ食いが楽しいんですね。

 

マルチタスクとシングルタスクの使い分けをしよう。

マルチタスクシングルタスクを比べると、効率的なのは一極集中のシングルタスクに軍配が上がりますが、時と場合で使い分けするのがいいのでは、と思います。

 

シングルタスクだけにすると、けっこうストレスに感じちゃうんですよね。

 

なので、

 

頭を使って考える作業シングルタスク

 

無意識にできたり、体が勝手に動くような作業マルチタスク

 

で、臨機応変に変えていくことが、結果的に効率的になるんじゃないかと思います。

 

どの作業がそちらになるか、は、その熟練度や重要度などによって変わると思いますが、一度効率が悪いな〜と思っていることを挙げてみて、シングルタスクにできないか、を検討するといいのではないでしょうか。

 

わたしも、ネットサーフィン、動画視聴、ゲームなどはマルチタスク、仕事や読書、料理などはシングルタスクとわけて、時間を上手に振り分けていこうと思います。

 

そうしてできた時間を、シングルタスクで没頭できるものに注力できればいいですね。

 

関連記事⇒ やりたいことがあるのを後回しにしていませんか?

 

page top