ネットで稼ぐ人は 田舎で豊かに暮らそう!

田舎育ちのわたしが、田舎暮らしの良さを再認識しています。

ネットで生計を立てている人!

 

ハイ!


 

勢いよく「ハイ!」と手をあげましたが、わたしはネット経由でお仕事しています。

 

10年前では、自分でも考えられなかったことですが、ネットでお仕事をいただいて生活できているという人も増えているのでは?と思います。

 

また、今は会社勤めでも、いずれは家で仕事をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

 

わたしもまさか、こんな風に在宅で仕事をしているとは、10年前には思っていなかったですね。

 

そういう想像や白昼夢は、仕事中に見ていましたが(笑)

 

願望は思い描いてから、10年後に叶うという話をどこぞの本で読んだ記憶がありますが、実現しがたいと思っていても、そのくらいの月日をかければ叶うのかも?というのが実感です。

 

わたしは元々田舎育ちなので、田舎暮らしに抵抗はないのですが、いろいろな情報を見聞きするにつれ、田舎で暮らすって最高じゃない?と思えるようになりました。

 

田舎暮らし最高!です。

 

特に会社に所属していない、フリー(自営)でネットで稼いでいる人にはメリットが多いのではないでしょうか。

 

大阪や福岡など、県外の都市部に住んだことがありますが、やはり宮崎は住みやすいと感じています。

 

Jターンはもとより、最近はIターンも多いようですね。

 

ある程度の収入がある人なら、同じ収入でも田舎のほうがより豊かな生活ができるので、わたしが今都会に住んでいてもいずれは移住や帰郷を考えたでしょう。

 

デメリットもありますが、それ以上のメリットがあると思うので、今回はそのあたりを語りたいと思います。

 

 

田舎暮らしのメリットは?

城

 

それでは、まずわたしが宮崎で暮らしていて感じているメリットをあげてみますね。

 

田舎暮らしのメリット

ポイント 生活費が少なくてすむ。
ポイント 自然がいっぱい。
ポイント 人が優しい。
ポイント 食べ物が安くて新鮮で美味しい。
ポイント 時間に追われない。
ポイント 仕事に集中できる。

 

こんなところでしょうか。

 

それぞれの項目をこまかくあげてみましょう。

 

 

ポイント 生活費が少なくてすむ。

 

これは住居費、光熱費、食費など生活にかかる費用が安く済みます。

 

なんせ、こちらは物価が安いから〜!

 

まあ、収入も低いのですが、年金で一定金額がある人、ネットで収入がある人などは、そのあたり関係がないと思うので、その差額分で豊かに暮らせると思います。

 

住居費は家を借りるにしても桁が違ったりしますし、数百万円で土地つきの家が購入できますから、家賃にかかる額を考えても、もう都会には住めないわ〜って感じです。

 

この付近も空き家がけっこうあるし、家はこれから先どんどん余っていくので、古家を買ってリノベーションすれば、素敵な田舎暮らしが満喫できますね。

 

食費もこちらのスーパーで買い物したらびっくりするかもしれませんが、とにかく安い

 

宮崎は農業県なので、野菜は朝どれのものが100円とかで買えます。

 

旬のものを選べば、食卓が豊かになりますよ〜。

 

おしゃれな種類の野菜は扱っているところが少ないですが、普段使いの旬の野菜で充分美味しいご馳走です。

 

節約が得意な人なら、買い物も楽しくなります^^

 

 

ポイント 自然がいっぱい。

 

これはもう、田舎の最大の魅力ですね♪

 

空気は美味しいし、空模様とか夜空の星とか蛍の乱舞とか、うっとりするシーンがいっぱいです。

 

子どもを育てるのにも最高の環境ですね。

 

わたしも小さい頃、カブトムシやクワガタを捕りに行ったり、グミや野いちご、びわやナツメ、金柑などを採って食べた記憶があります。

 

足や腕に引っかき傷を作って、服を汚しながらたくましく育っていきます(笑)

 

庭が広くていろいろな草木で彩られている様を眺めてする犬の散歩は、気持ちが穏やかになりますし、そこの人とあいさつや世間話から、野菜や果物のおすそ分けをいただくのも田舎ならではのうれしいことです。

 

毎朝、鳥の声で起こされるのも最高ですね。

 

 

ポイント 人が優しい。

 

田舎は人との距離が近いので、道を歩いていたら、知らない人でもあいさつするのが当たり前なところがあります。

 

井戸端会議は、どこそこで突然始まって、数十分経過〜も日常茶飯事。

 

こまったことがあったら助け合うというシーンもありますし、方言でのやりとりはほっこりしますね。

 

ローカルTVやラジオのパーソナリティーも、人が良さそうな個性のある人が多くて、ほのぼのな雰囲気があります。

 

 

ポイント 食べ物が安くて新鮮で美味しい。

 

生活費のところでもあげましたが、かかる食費以上の満足感があると思います。

 

地元のスーパーでは、県外や海外からくる食材もありますが、朝どれの旬の野菜や自家製パンやお茶、米など安くて新鮮なものがあるので、まずそちらをチェックしちゃいますね。

 

多少、形がいびつだったり、大きさが大小揃ってなかったりしますが、料理してしまえば気にならないし美味しい♪

 

たまに青虫やかたつむりがついていたりしますが、虫も好む美味しさということで^^

 

 

ポイント 時間に追われない。

 

こっちの方言で「てげてげ」(適当)とか、日向時間(ひゅうがじかん)というのがありますが、田舎の時の流れはゆったりしています。

 

電車より車がメインの移動手段なので、満員電車ってなにそれ?ですし、なにごとにおいてものんびり、時間に追いたてられるということがあまりないように思います。

 

都会の時間に慣れていると、こちらの時間に最初はイライラしてしまうかもしれませんが、慣れです。

 

慣れれば、ストレスもだいぶん軽くなると思います。

 

 

ポイント 仕事に集中できる。

 

誘惑がないのが田舎のいいところ!(笑)

 

アウトドアが趣味で出かけることが多いとか、飲み会によく誘われるとかもありますが、基本的に娯楽が少ないので、静かな環境で集中して仕事ができる環境にすることができます。

 

在宅ワークは本当に仕事しやすいと思いますね。

 

 

 

と、田舎暮らしのメリットを並べてみましたが、いかがでしょうか?

 

まだまだあるかも、ですが、改めてみてみると、良いところに住んでいるな〜、ありがたや〜と感謝したくなりました(笑)

 

 

田舎暮らしのデメリットは?

次にデメリットも包み隠さずに綴ります。

 

田舎暮らしのデメリット

ポイント 移動が面倒、不便。
ポイント 人づきあいがうっとおしい。
ポイント 娯楽が少ない。民放が2局しかない。
ポイント 虫や動物、ニオイが近い。
ポイント お店が近くにない。
ポイント 仕事の選択が少ない。

 

ポイント 移動が面倒、不便。

 

地元では、電車のことを「汽車」と呼んでいます。

 

都会では駅近物件が人気ですが、こちらでは「駅から徒歩5分!」とか言われても、あまりぴんとこないかも(笑)

 

田舎は車社会でドアtoドアなので、満員電車も体験しないし、駅よりスーパーや学校、病院、バス停とバス路線がどちらかというと物件選びの基準になるんじゃないかな、と。

 

そんなわけで、移動は車がメイン、車がないと移動が非常に面倒くさくなります。

 

車は一家に一台どころか、ひとりに一台が普通です。

 

わたしは仕事で使わなくなったので処分してしまいましたが、徒歩か自転車か原チャリで移動しています。

 

バスは運賃が高いので、飛行機に乗るのに空港に行くときくらいでしょうか。

 

 

ポイント 人づきあいがうっとおしい。

 

田舎は人との距離が近いとメリットのところで書きましたが、時にそれをわずらわしいと感じることもあります。

 

わたし自身、しばらく田舎から離れていて、久しぶりに田舎で暮らすようになってから、人間関係の濃さにびびっていたところがありました。

 

人の噂は電光石火か!?ってくらいはやく走りますから、なにか珍しいことでもやろうならあっという間に広まります。

 

よくあるのが、わたしの知らない人がわたしのことをよく知っているというもの。

 

え、誰?ていう人に「天野さんとこのろっかちゃんよね、あなた、どこどこに〜」なんて話しかけられた日には、頭の中にクエスチョンマークが舞います。

 

最初は、「うわ、気持ち悪い〜」とか思いましたが、これが田舎の日常と思えば慣れてきますね。

 

よく言えば、地域住人で見守っている状況なので、変なことをしなければ悪い噂も出ないし、見守ってもらえている安心感もあるかな、と。

 

そう思わないと、井戸端会議は日々どこかしこで開催されているので、噂もとめられませんから^^;

 

お祝いや不幸があったときの伝達もちょこちょこあるので、交際費がかさむのがちょっと懐が痛いかもしれません。

 

 

ポイント 娯楽が少ない。民放が2局しかない。

 

田舎は、遊べる施設が少ないですね〜。

 

自然が相手のアウトドアが趣味なら、それこそ恵まれていますが、いわゆる都会的な娯楽を求めてはいけません(笑)

 

なので、パチンコが趣味という人が多いですね。

 

それに関連して、借金と離婚の話もちらほらと^^;

 

娯楽のひとつのTVですが、宮崎は民放のTV局が2局なので、都会に比べると観る番組が極端に少なく感じるでしょう。

 

わたしが大阪や福岡に出たときは、「おおお、こんなにあるの〜!?」とカルチャーショックを受けたので、その逆ですね(笑)

 

人気番組がまったく観られないこともないけど、リアルタイムで放映されたらめちゃラッキーで、数ヶ月遅れの放送(週末か深夜)とか、まったく放送がないものもあります。

 

その辺は、CSやネットでもふぉろーできるので、昔に比べると全然大丈夫ですが。

 

趣味関係は、カルチャークラブやコミュニティもありますが、なにか自分の趣味を発信したいということであれば、口コミが広がりやすいと思うのでやりやすいかもしれません。

 

町おこしに参加して、手作りの施設を作って集客するというのも楽しそうですね。

 

わたし個人は、ネットで趣味がすべてできるので、家の外に娯楽施設がなくても楽しめています。

 

 

ポイント 虫や動物、ニオイが近い。

 

これは田舎あるあるですね^^

 

古い家に住んでいると、都会では縁のない虫に遭遇します。

 

うちは築40年以上の古家ですが、蚊やゴキブリ、ネズミ以外に、蜂、ナメクジ、アリ、ダンゴムシ、ムカデ、クモ、シロアリ、ヤモリ、ヘビ、コウモリあたりが入ってきますね。

 

殺虫剤や忌避財、出入りするすき間をふさぐなどの対策でどうにかなります。

 

クモは家の中もですが、洗濯干し場によく巣を作っているので、邪魔になるところは手で別な場所にうつしてあげます。

 

布団の上に、2回ほど5cmくらいのムカデがいたときはビックリしましたが、畳のすき間を新聞紙でふさいだら出なくなりました。

 

って、未だにアリとダンゴムシとシロアリは出てくるんだけど、まだすき間があるのかなあ;

 

ふさいでも、どうにかなってないじゃん;


 

ヘビはネズミを食べてくれるというので、田舎では重宝してそのままにしていますが、姿はほとんど見られないのでOKです。

 

ヤモリはかわいいので、窓にへばりついていると思わず観察してしまいますね。

 

あと、ニオイですが、こちらでは養豚場、養鶏場、牧場もあるので、そういう関係の車が通ると「田舎の香水」が香ります^^;

 

近所にそれらがあると、常時ニオイにさらされますので、あらかじめのリサーチが大事!

 

また、たまに庭で不要なものを燃やす(一応、禁止はされているのですが、燃やす人は燃やす)人がいるので、煙のニオイが洗濯物につくというのが不快だったりもします。

 

ご近所さんなので「やめてください」と言えないのですが、田舎はそういうニオイがあるということも覚えておいてください。

 

 

ポイント お店が近くにない。

 

ブランド物のショップは、ショッピングモールに行けばそこそこありますが、住む場所によっては日常使いの物を買うにも苦労しそうなのが田舎です。

 

車があれば自由度が上がりますが、徒歩圏内にスーパーやドラッグストア、ホームセンターがあると御の字です。

 

しかし、やはり都市部に比べると価格が高めで品揃えが少ないですね。

 

買出しに出てもいいのですが、交通費を考えると、送料無料のネット通販が便利です。

 

家のスペースが広いので、ある程度通販でストックしておけばこまらないかな。

 

 

ポイント 仕事の選択が少ない。

 

これは、仕事を探そうと思うと切実な問題。

 

宮崎は正社員の給料も全国で下のほうですが、パートやアルバイトの時給も最低賃金〜800円台が多いんですよね。

 

都会に比べると、時給が200〜300円くらい低いんですが、最近は飲食関係を中心に上がってきているようにも思います。

 

その収入でも、節約で生活費を少なくするには田舎のほうがやりやすいと思いますが、やはり都会並みの収入源を確保して田舎暮らしをしたほうが断然豊かに暮らせますよね。

 

なので、これから稼ぐ選択肢が増えていくであろうネットでの仕事を軸に探すといいのでは、と思います。

 

それか、趣味や特技を生かして起業するとか。

 

このあたりでは、都会からのIターンで、自家製パン屋さんやレストランなどをする人がいますが、そういう「第2の人生」的選択も素敵ですね。

 

イラストレーターやデザイン、マンガ家などクリエイティブなお仕事もネットでやりとりできるので、田舎と相性が良いと思います。

 

実際にそうして田舎暮らしを満喫している人もいますので、実際に話を聞いてみるのもいいですね^^

ネットを活用して、豊かな田舎暮らしを♪

自分が今、ネット経由でお仕事をいただいて生活しているので、もう若い頃のように都会に憧れて上京とかできないのですが、とにかくこう言いたいです。

 

田舎暮らしはいいぞ〜!

 

宮崎じゃなくても、いっぱい素敵な田舎はありますので、ぜひぜひ現地に行って情報を集めてみてください。

 

旅行でもいいですし、短期ステイでその地域で暮らしてみてもいいですね。

 

このブログでも、地元のいろいろな魅力を発信していきたい!と思います^^

 

page top