梅干しを今年も仕込みました♪

タダで大梅をいただきました♪

さてさて、梅雨時期の我が家の一大イベント、梅干し作り

 

今年もやってまいりましたよ〜!

 

先日は、一足先に梅ジュースを今年も仕込みました♪で砂糖で漬けました。

 

これはご近所のおすそ分けでしたが、今回は梅干用の梅をちぎってきました〜!

 

梅

 

昨年も梅をいただいた知人宅に、ビニール袋を持参して、いざちぎるぞ〜!

 

1粒1粒がでかくて、先日の南高梅と同じくらいの大きさです。

 

竿でたたいて落とさないといけないのかな〜と思いましたが、自分の肩くらいの高さの枝にたくさんなっていたので、手で数粒にぎってもぎ取るのくり返しで、収穫も比較的楽でした♪

 

今年は梅が豊作なのか、スーパーで売っている梅も1kgあたり250円と安いなあと思いますが、やはりタダ最高!です。

 

瓶がいっぱいあって、たくさん食べるなら、手当たり次第ちぎるのですが、家には漬ける瓶がひとつしかない!

 

しかも、たくさん漬けてもそんなになくならないんですよね〜。

 

昨年の梅干しは、とてもいい感じで色がつき、香りもフルーティーで美味しいのですが、まだ残っていて瓶からタッパーに移したところです。

 

今年の梅ができるまでに食べ終えられそうにないかも?

 

そんな感じなので、必要な分で3kgちょいくらい、いただきました。

 

家に帰って2日ほど寝かして、傷んでいるのを除いたら、2.5kgぐらいになりましたね。

 

ガラス瓶だと、2kgぐらいしか入らないので、2つ瓶が必要じゃん!?

 

ってことで、先日の梅ジュースの瓶を使うべく、中身をホーロー容器に移して瓶を確保!

 

梅ジュースの梅がかなりしぼんでいるので、ひとまとめにできてよかったよかった!

 

この梅干しも梅がしぼんだら、1瓶にまとめられるかも?

 

 

梅干しの作り方も、かなりずぼらです。

先日の梅ジュース同様、ずぼらなわたしゆえ、梅干し作りもけっこういい加減です。

 

収穫した梅は、黄色くなるまで新聞紙に広げて放置。

 

水に数時間つけて、ザルに上げたものを水気をきってガラス瓶に塩と交互に入れていくだけ。

 

なぜガラス瓶かというと、うちにあるから(笑)

 

昔は梅酒とか、梅ジュースのほうを多く作っていたんですよね〜。

 

ガラス瓶は重しを入れにくいのが難点ですが、外からよく見えるし、これでも充分に漬けられるしOK!

 

梅ジュースのときは熱湯で消毒しましたが、今度は面倒くさかったので、湯沸かし器の60℃のお湯と、お酒で消毒としました。

 

はい、ずぼら〜!

 

 

うちのやり方なので、真似をしてはいけませぬぞ


 

梅と塩の割合ですが、あまり塩辛いのは好みではないので、梅1kgに対して、塩200gにしました。

 

今年は奮発して、皇帝塩という高い塩で漬けたので、出来上がりが楽しみです♪

 

 

 

梅干し作りにビニール袋+水の水重しはいかがなものか?

うちには重しになるものがないのですが、ビニール袋+水水の重しにしています。

 

思いつきでそうしたのですが、これは賛否両論あるみたいですね〜。

 

やってるよ〜っていうのと、そんなものはダメだ!というもの。

 

メリットとデメリットを上げてみると……。

 

水重しのメリット

 

手軽にできる。(作るのが簡単だし、処分しやすい)

 

水の量で重さを調整できる。

 

口の狭いガラス瓶でも入れやすい。

 

水重しのデメリット

 

袋から水が漏れると、梅が台無しになる。

 

重しを引き上げるのは、梅酢があがって、赤ジソを加えるまでくらいなので、そんなに長くないし、今まで失敗したことがないので、うちはこれでいいか〜となっています。

 

心配ならやめたほうがいいです!

 

すべて自己責任ですね。

 

 

うちはそこそこできればOKなので(笑)


 

といいつつ、これで失敗したら目も当てられないけど(苦笑)

 

毎日チェックしておけば大丈夫かな〜。

 

重しなしでも作れるようなので、危なかったら除去しよう!うん!

 

 

今年の梅干しの出来はいかに!?

まだ塩で漬けただけなので、これから〜ですが、今年もきれいに赤く染まってくれるように祈るばかりです。

 

同じように漬けていても、赤ジソ染まるとき染まらないときがあるんですよね〜。

 

まわりに聞いても、人によってそういうのがあるみたいなので不思議です。

 

わたしの場合は、最初数年は赤く染まる→数年間染まらなくなって梅干しつくりをやめる→再会して再び赤く染まる→今2年目、といったところです。

 

やり方は変えてないし、なんか手が関係しているといわれていますが、なんなんでしょうねえ。

 

ちなみにうちは、天日干しはしません。

 

面倒くさいので(笑)

 

それでも、きれいに染まったので、今年もそうなるように願っております!

 

 

 

page top